専業主婦カードローンチョイス > カードローンの豆知識 > 【カードローンの返済方法】返し方によって違う特徴とメリット

【カードローンの返済方法】返し方によって違う特徴とメリット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を借りたら、ゆくゆくはそれを返していかなければなりません。
つい借り方やどのくらい借りられるのかに意識が向きがちですが、返済のしやすさもキャッシングを利用する上で重要なポイントになりますので、事前に返済の計画を立てておくことも大切です。
借入金の返済方法には次の4種類があります。

返済方法①【口座引き落とし】

一つ目は月々の自動引き落とし。
口座振替と呼ばれる方法です。
毎月の最低返済額(+利息額)を、自分が指定する金融機関口座から約定日に引落してもらうというもの。
これなら、口座にお金を入れてさえおけば返済の日付(約定日)を忘れていて入金できなかった!なんて失敗はありません。
口座を登録する手続きがキャッシングサービスの契約とは別に必要なことと、毎月口座にお金を入れておくことが条件になりますが、手数料もかからないので非常に便利な方法の一つと言えます。

返済方法②【専用ATM・店頭支払い】

次に、専用ATMやキャッシング会社の専用ATMや店頭で支払う方法。
これは約定日までに自分で手続きに行くことになりますが、基本的に手数料がかからないことが魅力です。
三つ目は、提携ATM(銀行やコンビニエンスストアのATM等)を使う方法。
専用ATMと操作は似ていますが、こちらはそれぞれ所定のATM振込手数料がかかります。
ただし、様々な場所に設置してあるので、空いた時間に入金できたり、急いでいるときなどに便利です。

返済方法【振込】

最後に、返済用の指定口座への振り込み。
振込先の確認方法は業者によって異なりますが、インターネットバンキングで振込手続きが可能なことや、提携ATMでの支払いや口座振替とは異なり、細かい支払額の入金も可能なため気軽に一括返済ができるという利点があります。

キャッシングの返済方法で一般的なのが「残高スライドリボルビング方式」というもので、借入残高に応じて、毎月の最低返済額が決まる返済方法があります。
各カードローン会社によって最低返済額は異なりますが、借入額が多ければ多いほど返済期間が長くなり、その分支払い利息も発生します。
口座引き落としでは最低返済額(約定返済額)の引き落としのみになり、毎月一定額の返済しかできません。
早く返したい、なるべく支払利息を減らしたいなどの場合は、上記の返済方法②や④を上手に活用して増額返済していくことをオススメします。

返済日について

また、これら返済方法とは別に、返済期日である約定日の変更や、指定ができるキャッシングサービスもあります。
契約時に月に何日か存在する約定返済期日の中から、自分の都合に合わせた日にちを選ぶことができる三井住友銀行カードローンや、アイフルのように約定日を日付指定できるものも存在します。
毎月の約定日に口座振替で約定金額を返済をしている場合、次の約定日までに臨時返済(随時返済とも呼ばれる。約定返済以外で返済すること)をすると、臨時返済の金額は全て元金にあたるので、その分だけ借入残高が減ることになります。
よって、次の約定返済における利息額が小さくなり、さらには返済期間も縮まることになります。
ただし、アイフルのように約定日までの10日間を返済期間としているところは、返済期間の10日以内に入金したものについては臨時返済したつもりでも約定返済扱いになってしまうこともあるので注意が必要です。
どちらにしても、決められた期日までに返済できないことは一番避けたいことなので、これらの返済法や臨時返済をうまく組み合わせ、自分に合った返済方法を身に着けてゆくとよいでしょう。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事