専業主婦カードローンチョイス > カードローンの基礎知識 > カードローンの種類→専業主婦が借りられるのはどれ?

カードローンの種類→専業主婦が借りられるのはどれ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは銀行・消費者金融・信販会社などいくつか種類が分かれています。

融資してもらうという点では同じ、審査も全ての金融機関で行われます。
金利やサービス内容は各金融機関や商品で差があります。

最も大きな違いは申込資格。
金融機関によっては貸金業法の総量規制の対象・対象外があり、専業主婦が申込めるものと申込めないものがあります。

カードローンの種類ごとに特徴を説明します。

銀行カードローン

cardlone_syurui
メガバンク・都市銀行・地方銀行の個人向け融資の銀行ローンです。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック・新生銀行カードローンレイク・みずほ銀行カードローンなどカードローンの名前は『○○銀行カードローン』のものが該当します。
母体の銀行は個人向けだけではなく企業にも融資を行っており、個人向けの金利は消費者金融のカードローンより低めに設定されています。

銀行の融資は総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦も申込OK。
ただしオリックス銀行カードローンの様に収入のない専業主婦の貸付はNG、借りられるのは本人に収入がある人のみと銀行が条件を設定している場合や、イオン銀行カードローンBIGは返済方法が口座振替(口座より引き落とし)と決まっており、必ず返済用普通預金口座開設をしなければいけないなどと条件がある銀行もあります。

銀行ローンの中にもさらに種類があり、流通系・IT系に分かれます。

流通系銀行カードローン

セブン銀行やイオン銀行などのコンビニ・スーパーが資本を出し設立した銀行のカードローンのことです。
利用時にポイントが加算されたり、自社店舗に自社ATMを設置できるので、ATMの台数が多く利用しやすい利点があります。

専業主婦の限度額も50万円と高めの傾向があります。

IT系カードローン

店舗を持たないネットバンクのカードローンを指します。
楽天銀行やじぶん銀行、ジャパンネット銀行などが該当。
担当者が常駐する店舗はありませんが、公式ホームページなどでは問い合わせのQ&Aも充実しており、困ることはありません。

自社銀行に口座を持っていなくても即日融資が可能な場合が多く、使い勝手のいいカードローンといえます。

銀行系消費者金融カードローン

銀行が運営しているのではなく、銀行の傘下に入り営業している消費者金融を指します。

消費者金融のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ、同じく消費者金融のプロミスは三井住友フィナンシャルグループに属しています。

金利も銀行カードローンよりは高くで設定されています。
経営規模が大きく多く、銀行カードローンには少ない無人契約機(自動契約機)や無利息期間があるなどサービスが充実しています。
銀行系とはいえ、会社は銀行ではなく消費者金融なので総量規制対象となり、専業主婦は借りられません。

一般的には銀行系消費者金融カードローンは銀行カードローンは含みませんが、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つに分類した際に、銀行カードローン(銀行自体が行っている商品のカードローン)も銀行系カードローンとあらわすことがあります。
その際の銀行系カードローンには銀行傘下(○○銀行グループ)の消費者金融カードローンを含んでいます。

消費者金融カードローン

銀行の傘下に入っていない、独立した消費者金融です。
アイフルなど大手から地域密着型の中・小規模な消費者金融まで、規模は様々。

貸金業の認定を受けていない無許可営業の消費者金融もあります。
認知度・知名度の高い消費者金融を選べば安心です。

消費者金融は企業向けの貸付はできないので、個人向け融資のみとなっており、銀行カードローンよりは金利が高くなっています。
専業主婦は借入できません。

信販系カードローン

セゾンやオリコ、JCBカードなどクレジットカードが作れる信販会社が運営するカードローンです。
信販会社は自社店舗がありません。
イベント会場などでクレジットカード発行を受け付けている場合もあります。

コンビニなど提携ATMの利用ができますが、自社ATMを持たないため、利用に手数料がかかる場合が多くあります。

収入がある人のみ利用できる総量規制の対象となり、専業主婦は借入不可です。

専業主婦が借りられるカードローンとは?

shufugakarireru
総量規制対象外は銀行カードローンのみ。
つまり、専業主婦でも借りられるキャッシングは、銀行カードローンのみです。
低金利なので、専業主婦以外の主婦やサラリーマンにもおすすめです。
専業主婦自身で申し込めるため、配偶者にも内緒で借りられることができます。
インターネットで申し込みも出来るので人の目を気にせずに済み、便利さも他の消費者金融やクレジットカードの借入に引けをとりません。
ですが、配偶者に安定して継続した収入があることが条件になっています。
銀行カードローンによって金利や月々の返済額も違いがあるので、前もって調べて自分に合った銀行カードローンに申し込む必要があります。
(詳しく紹介しています。参考:総量規制対象外カードローン

総量規制対象外
(専業主婦OK)
銀行カードローン(流通系・IT系も含む)
・東京スター銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・東京三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
・じぶん銀行カードローン
・セブン銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・イオン銀行カードローンBIG
・新生銀行カードローンレイク
・三井住友銀行カードローン
・静岡銀行カードローンセレカ
総量規制対象
(専業主婦NG)
銀行系カードローン・消費者金融・信販系カードローン
・アコム
・プロミス
・モビット

消費者金融
・アイフル

信販系カードローン・クレジットカード(キャッシング枠利用不可)
・オリコカード
・セゾンカード
・オリックスクレジット
・JCBカード
・三井住友VISAカード
・出光カード
・UCカード

カードローンとは別に、クレジットカードでもキャッシング枠を利用することでお金を借りることができますが、こちらも総量規制対象外となり専業主婦はNGです。
(詳しく紹介しています。参考:どっちがお得?!カードローンVSクレジットカードキャッシング

カードローンの商品の違い

カードローンは金融機関の商品の1つ、使い道自由のフリーローンです。
借りるために条件があったり、使い道を限定したローンなどもあります。

できるだけ借り入れの負担がないように、商品を選ぶことも大切です。
こちらではそれぞれの商品について説明します。

多目的ローン

主に銀行が取り扱っているローンです。
教育ローン・リフォームローン、教育ローンなど使い方が決められているローンです。
車を購入する時のマイカーローンも該当します。
その目的以外にお金を使うことは認められていません。
申込には見積書や納付書が必要になりますが、その分金利はだいぶ低く抑えられています。

おまとめローン

2社・3社から借りている借入金額を合算して、金利の安いローンから新規に借入、借りていたローンに返済します。
借入をまとめたので借入金額はアップしますが、その分金利が下がったり、返済日が月1回担ったりと返済の管理と負担が減ります。

おまとめローンは完済したい人向けのローン。
追加の借入はできませんので、返済していくのみとなります。

消費者金融にもおまとめ用商品がありますが、金利が高い場合も。
主に銀行のおまとめローンが利用されています。
おまとめローンは収入ありの方のみに条件が設定されています。
銀行で展開されているおまとめローンであっても、おまとめローンは申込者本人に収入があることを条件としている場合、専業主婦の利用はできません。

借り換えローン

今とは別のローン会社から借りて元々借りていたローン会社に一括返済、おまとめローンと同じ使い方ができますが、限度額内であれば追加借入が可能。
借り換え後に借入・返済が自由にできる点が違います。

こちらも低金利の銀行ローンがおすすめです。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事