専業主婦カードローンチョイス > カードローンの豆知識 > 専業主婦のカードローン契約。何社までならOK?

専業主婦のカードローン契約。何社までならOK?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込者を審査通過させるか、利用限度額をいくらに設定するかは各金融機関の審査担当者が決定します。
社内に審査基準を持っており、基準に照らし合わせて審査を進めます。

審査基準は非公開。
外部の人間が知ることはできません。

じぶん銀行の審査結果への質問

銀行カードローンでも消費者金融でも、どちらの金融業者に尋ねても絶対に回答は得られません。
(詳しく紹介しています。参考:カードローンの審査基準

このことから『3社はOKで4社はNG』という明確な線引きができないのが現状です。

しかし、実際に3社借りている人もいれば、2社目でアウトだったという人も…。
こちらでは審査基準と同様、わかっていることや注意点について説明します。

専業主婦は3社は厳しい

2社目はOK、3社目は難しいと考えられます。
会社員やパート・アルバイトであれば自分の収入があるので、3社以上など複数カードローン契約をしている人もいます。
返済能力も審査対象となるため、借入れ件数に差が出ているのです。
自分に収入がない専業主婦はどうしても借入総額が多すぎると返済ができないのではないかと判断されます。

他社借入れ数が審査対象となる

カードローンの公式ホームページにはカードローン簡易審査があります。
診断は申込者の借入状況を入力すれば、審査通過できるかどうかが瞬時に判断できるものです。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと新生銀行カードローンレイクのお借入診断の画面を紹介します。

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのお借入れ診断

・新生銀行カードローンレイク
新生銀行カードローンレイクのお借入れ診断

この判断はコンピューターで行われる簡易的な事前審査になりますが、この診断の画面に『他社借入件数』があります。
借入れの合計金額だけではなく、件数も入力を求められるので、何社から借りているかは判断材料とされていることがわかります。

専業主婦がカードローンで何社まで借りられるか

3社目はボーダーラインとされ、『絶対無理ではないけれど…』と考えられています。
チャレンジして申込む方もいますが、それにはリスクもあります。
いずれにしても、複数のカードローンの利用で多重債務者(複数の貸金業者からの借入により返済が困難になること)にならないことが重要なポイントです。

審査に落ちると履歴が残る

個人信用情報機関に保管されている信用情報はすでに契約して借りている情報だけではなく、申込履歴も掲載されています。
審査に落ちると契約までは進めませんが、『○月○日、△△銀行に申込み』と申し込みに関するデータは記録されています。

新規申込時にカードローン会社が信用情報を照会するとこの情報もわかるので、『他社に申込んで契約はしていない = 他社が何か貸せない理由がある人と判断され審査に落ちた可能性がある or なんらかの理由で契約までしなかった』と思われます。
そのほか、信用情報と照らし合わせて審査におちたと思われた場合、他社にならって審査落ちとなってしまう可能性もあります。
申込時の申告情報以外にも信用情報機関で返済実績、利用件数、利用状況から金融事故情報まで確認されます。
申込履歴や契約状況も確認され、審査の対象項目になります。

避けたい『申し込みブラック』

立て続けに、何社ものローン会社に同時申込みすると『申込ブラック』と認定されてしまいます。
『何社も一気に申込むなんて、よほど切羽詰っているかすでに多くの債務があるに違いない、返済計画もあいまいで、返済できない可能性がある』と判断されます。

カードローンの申し込みブラック

そんなつもりはなかったのに、知らなかっただけで申込記録に多くの履歴が残り、ブラック扱いになっている人もいます。
多重申込み(短期間での複数同時申込み・複数同時利用)は避けましょう。

契約をキャンセルした場合も要注意

審査に通っても、何らかの理由で契約をキャンセルした場合、その情報はローン会社に残っています。
以前に審査通過したからと、同じローン会社に申込んでNGだった事例もあります。
そういった場合は、別のカードローンを選ぶべきです。

契約したものの、借りなかったという場合はこれには該当しません。

追加で新規カードローン会社に申込むときの注意点

・申込は1社ずつにする
申し込みブラックを避けるため、必ず1社ずつにして下さい。

・最低6ヶ月は期間を空ける
全国銀行個人信用情報センターでは申し込みの情報は半年間は残ると明記されています。

◆照会記録情報
会員がセンターを利用した
日、ローンやクレジットカー
ド等の申込み・契約の内容等
当該利用日から、本人開示の
対象は1年を超えない期間、
会員への提供は6か月を超え
ない期間

全国銀行個人信用情報センターのご案内
会員とは照会を依頼した金融機関になります。
最長で6ヶ月は掲載されていることがわかります。
追加で1社に申込んで審査落ちだった場合、次に申込めるのは半年経過してからにして下さい。

複数社借り入れの豆知識

総量規制には年収の1/3までしか借りられないという制限があるので、サラリーマンや仕事をしている主婦の場合、すでに制限金額に達していた場合は
総量規制オーバーとなるため、審査に通過できません。

この場合は、2社目であったとしても無理です。
どの金融機関からも借りられません。

専業主婦は総量規制対象外のカードローンからしか借りられませんので、総量規制は関係ありません。
利用者が専業主婦でも借りれるキャッシングは、総量規制対象外の銀行カードローンのみとなります。
そのため、新たにカードローンを申し込まれる時に、総量規制対象の消費者金融に申し込まないように気をつけなければいけません。
銀行カードローンで、既に借入がある状態であっても他の銀行から借入することもできる場合があります。
また、借入している金融機関に少しでも返済し、増額の申請をしてみるのもいいかもしれません。

他社から借入する時は、既に借入している金融機関よりも金利の低い借入先を選ぶ、借入限度額を比較するなどの工夫も必要です。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事