専業主婦カードローンチョイス > カードローンの豆知識 > 専業主婦でもできる?カードローンの追加借入と限度額の増額方法

専業主婦でもできる?カードローンの追加借入と限度額の増額方法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの審査時に『あなたの借入限度額は○万円まで』と利用限度額(極度額ともいわれます)が設定されます。

カードローンは決められた借入額の範囲内であれば借り入れと返済が繰り返せるシステムです。
わざわざ申請する必要もありません。

ローンカードを使い、ATMで「お借入」を選んで希望金額を入力するだけです。

限度額以上には借りられないの?

現在借りている金額にプラスして、新たに借りたい金額の総合計があなたの限度額を超えてしまう場合は、それ以上は借りられません。

カードローンの限度額

すでに借入枠一杯まで借りていて、追加で借りたいけれど利用限度額が足りない場合は、先に足りない分の返済が先に必要です。
足りないキャッシング枠を一度返済することで補い、新たに借りるイメージです。

上限額は引き上げられないの?

前回契約で契約者が無理のない範囲で返済できる限度額が設定されています。
しかし初回契約ではまだ銀行カードローンと利用者の間で信用が築かれていないため、限度額が低めに設定されていることがあります。

最初に決められた融資額よりもう少し多めに借りたい場合は、増額申請をしてキャッシング枠を増やす(増枠)しかありません。
専業主婦が借りられる金額は30万円と決まっている場合でも、それを50万円までというように枠を広げてもらいます。

ただし全ての銀行カードローンで増額が可能ではなく、借入限度額が専業主婦なら30万円までと決まっていてそれ以上増額できないと決まっているローンもあります。

限度額を増やせないカードローンもある

まずはあなたが契約しているキャッシング会社が増額融資(追加融資)に対応しているかのチェックが必要です。

カードローン会社名専業主婦の限度額増額の可否
東京スター銀行カードローン不可
東京三菱UFJ銀行カードローンバンクイック30万円まで50万円まで可
みずほ銀行カードローン 30万円まで不可
イオン銀行カードローンBIG50万円まで不可
じぶん銀行カードローン30万円まで50万円まで可
新生銀行カードローンレイク可、上限は設けておらず金額は審査次第
セブン銀行カードローン50万円まで不可
楽天銀行スーパーローン50万円まで可、上限は設けておらず金額は審査次第

※専業主婦の限度額制限なし

増額には新たに増額審査が必要ですので、必ず増額してもらえるとは限りません。
リスクもあります。
後ほど「増額申請のリスク」で説明します。

増額の申し込み時期の目安

契約からできれば1年、どんなに急いでも半年間は待って下さい。
これは消費者金融も同様で、最低半年の取引実績が必要とされています。

カードローンの取引実績

もっとも重要なのが利用期間の返済実績。
きちんと毎月返済している実績を積んで、信用度を上げる必要があります。
さらに初回借入から返済のみよりも、借りて返してのローンサービスの利用を繰り返している方が良いといわれています。

契約から半年経たない間に申請しても、審査には通過できる可能性は低いと考えて下さい。

専業主婦でも借りれる銀行カードローンで増額するには、過去に支払いの遅れがないというのが必須条件になります。
返済に遅れがなく返済能力が認められ、現在利用している銀行と信頼関係ができれば、増額しませんかというメールが届くことがあります。

もし今、利用している銀行で増額の申請をせずに他社で申し込む時は、今の銀行より金利の安いところを選択し今の借入額を少しでも早く減らしていきましょう。
増額するにしても他社に申込むにしても、金利の低い1社とだけの契約にすることで、返済が軽減する可能性もあります。

カードローンの増額方法

申込み ⇒ 審査の2ステップのみです。
新たに再契約などは不要です。

増額申し込み方法

ローン会社の会員ページに増額申請のためのページが用意されている場合があります。
見当たらない・わからないときはフリーダイヤルに電話連絡し、増額希望と伝えれば手順を教えてもらえます。

増額審査

これまでの返済履歴と信用情報が重視されます。
貸す額が増えればそれだけ返済の負担も増えるので、キャッシング会社側も慎重になります。
審査結果が届くまでに2、3日程度かかります。

新たに本人確認書類を送る必要はなく、在籍確認がないこともあります。

増額審査に落ちる理由

・新たに別のローン会社と契約、借入をしている
・返済が遅れたり滞っている(返済遅延・延滞)

このように他社借入が増えていたり、返済状況が悪い場合は審査通過は難しくなります。
これはキャッシング増額審査に限ったことではなく、これから他社との新規契約する場合も不可能になります。

増額申請のリスク

再審査による減枠

前回契約から新たな契約となるので審査基準を満たせていないときは枠の減額という回答の場合もあります。

今借りられる枠をキープしつつ、増額だけをお願いすることはできません。
配偶者が転職により年収が減ったり、申込者が会社員からアルバイトになり勤務形態や収入が変わったなど、属性に変化があれば融資額に響いてきます。

引越しなどで住所が変わった場合に、カードローン会社に申告していない場合も信用を落とすことになります。
申請前に審査内容をよく理解しておくことが大切です。

毎月の返済額が増える

限度額増額後に追加借り入れをすることで、月々の返済金額が高くなる可能性があります。
返済金額は現在の借り入れの額によって決まり、『借入残高が○万円超~○万円以下の場合の返済額は○○○円』と定められています。

この定められた範囲を超えると返済金額がアップします。

例として、30万円・40万円・50万円を借りた場合の各銀行カードローンの返済金額を比較しました。

 借入額30万円借入額40万円借入額50万円
新生銀行カードローンレイク7,000円9,000円12,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
6,000円8,000円10,000円
じぶん銀行カードローン9,000円11,000円13,000円
楽天銀行スーパーローン5,000円10,000円10,000円
静岡銀行カードローンセレカ5,000円10,000円10,000円
イオン銀行カードローンBIG5,000円5,000円10,000円~
東京スター銀行
スターカードローン
カードローンタイプ
⇒5,000円
ネットローンタイプ
⇒10,000円
カードローンタイプ
⇒10,000円
ネットローンタイプ
⇒10,000円
カードローンタイプ
⇒10,000円
ネットローンタイプ
⇒10,000円
みずほ銀行カードローン10,000円10,000円10,000円
セブン銀行カードローン10,000円
(限度額は10・30・50万円のみ)
10,000円

借入増額は返済の負担や返済方法も考えて申込むようにしましょう。

増額のお知らせが届いている場合も

会員ページのお知らせに『増額しませんか?』と連絡が来ることがあります。
優良顧客なので、その利用実績から「もっと貸せますよ」という金融機関からの案内です。

しかしこのお知らせは審査通過を約束するものではなく、あくまでもお知らせ止まりです。

増額と同じこんな方法も!

他社のカードローン会社に申し込みましょう!
まだ1社・2社程度であれば新たに借りられる可能性があります。

新規申し込みのメリット新規申し込みのデメリット
・最短で申し込み当日借りられるスピード融資OK
・今契約しているカードローンの限度額がキープできる
・審査時に在籍確認がある
・本人確認書類の提出が必要

1度借りていることから借りられるまでの流れも理解できているので安心。
何より今借りられる金額が少なくなるリスクがありません!

新たに別のキャッシング会社で借りた方がメリットが大きいです。

短期間だけ借りたいなら無利息期間のあるカードローンを利用する、今より最高金利が安い銀行を選ぶなど条件の良いところを選べば負担も少なくすみます。
増額申請せず、新規に申し込みも検討しましょう。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事