専業主婦カードローンチョイス > カードローンの基礎知識 > ここなら借りれる!専業主婦OKの総量規制対象外カードローン

ここなら借りれる!専業主婦OKの総量規制対象外カードローン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貸金業者に課せられた総量規制とは

平成22年に貸金業法改正のため施行された制度で、利用者の年収3分の1以上の融資を禁止する規制のこと。
総量規制は無収入者への融資を排除するためのものではなく、返済能力の低い専業主婦や学生・高齢者を貸し過ぎや借りすぎから守るための法律です。
多重債務を防ぐために総量規制という法律ができました。
そのため、専業主婦でも借りられる消費者金融業者は、残念ながら1社もありません。
専業主婦が借入できるのは、銀行カードローンのみです。

業法と総量規制

個人向け融資の中で総量規制対象外のカードローンとして専業主婦に人気なのが、「銀行カードローン」です。

銀行は銀行法下の適用なので総量規制の対象から外れており、配偶者に安定的な収入があれば専業主婦に対しても融資が可能。
専業主婦の方への貸し付けも積極的に行うようになり、最近では大手銀行カードローン会社の宣伝も多く見られます。

銀行カードローンは、銀行貸し付けなので消費者金融よりも圧倒的に低金利なのがメリット。
銀行でありながら最短で即日審査・即日融資が可能で利用者が増えています。
インターネットで申込が可能なので、来店する必要がありません。
ただし、注意が必要なのは、来店不要でインターネットで申込む場合は詳しい説明をその都度してくれるわけではないので自分でしっかり契約内容を事前に読むこと、疑問に思ったことは、必ず前もって問い合わせることです。
例えば銀行口座をすでに持っていることなど条件がある銀行も少なくないので確認が必要です。

総量規制の除外と特例

総量規制は貸金業法、消費者金融やクレジットカードでお金を借りるキャッシングに関わる法律です。
消費者金融会社の中には不動産売買に関する貸付や信販会社が取り扱うマイカーローンがあり、これらは借入金額が多くなりので、年収の1/3までしか借りられない制限にひっかかります。
また消費者金融でおまとめローン目的の商品も借りる金額が大きくなる傾向があります。

このような借入申込金額の大きいものは目的によって総量規制から除外される・特例として認められているものがあります。

除外すでに借入があっても、貸付残高に含まないもの
特例すでに借入があって貸付残高に含まれるが、返済能力があると認められれれば年収の1/3を超えての貸付がみとめられるもの
(医療費・葬式代などの緊急性があるとされるもの・おまとめローンなど債務者(契約者)に有利になるものであることが前提です)

銀行から借りるローンは除外でも特例でもない

銀行から借りる住宅ローン・自動車ローン・教育ローンは、銀行自体が総量規制には関係ないので総量規制対象外となります。
除外も特例も、あくまで総量規制対象の貸金業者からお金を借りるときが対象となります。

ここなら借りれる!専業主婦OKの総量規制対象外カードローン

総量規制とは個人に対してのお金の貸し借りに関わる法律です。
個人でカードローンや消費者金融に申込む場合は、自分に申し込み資格があるかを確認する必要があります。

総量規制の対象かどうかを見分けるポイントは商品名。
最も簡単なのはローン会社名の確認です。

『□□□銀行カードローン』と『銀行』というキーワードが入っていれば、銀行運営の総量規制対象外のカードローンだとわかります。
大手の消費者金融で例えれば、アコム・プロミス・モビット・アイフルには銀行のキーワードがありません。

商品名で見分けるのが最も簡単です。
ただし、最近は「○○銀行グループ」など、傘下の銀行名を会社名と同時に掲げている消費者金融会社もあります。

銀行カードローンでも専業主婦が借りられない場合も

総量規制対象外の銀行カードローンなら専業主婦でも借入できると説明しましたが、全ての銀行のカードローンに当てはまるわけではありません。
実は、銀行カードローンによっては専業主婦への貸付が完全NGとなっている金融機関があります。
銀行カードローンならどこでも借入できるわけではないことは念頭に置いてください。
専業主婦 銀行カードローン
実際にどこの銀行カードローンなら専業主婦でも利用申し込みができ、どこはできないのかを下記の表でご紹介しています。

専業主婦申し込みOKの銀行カードローン専業主婦申し込みNGの銀行カードローン
・東京スター銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
・みずほ銀行カードローン
・イオン銀行カードローンBIG
・セブン銀行カードローン
・新生銀行カードローンレイク
・楽天銀行スーパーローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・横浜銀行カードローン
・ソニー銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・住信SBIネット銀行カードローン

専業主婦が消費者金融に申し込んだらどうなるの?

消費者金融会社や信販会社・クレジットカード会社などは貸金業法下の貸付は総量規制の対象となるため、専業主婦に申込み資格はありません。
総量規制の法律により、収入ゼロの専業主婦には消費者金融からの融資は1円もできなくなりました。

ただ、改正貸金業法が施行されてからすぐは、配偶者を保証人としてつけること(配偶者貸付)で主婦への融資を行っていた会社もありました。

しかしながら、総量規制を破って貸付を行った会社は業務指導や業務停止など、行政処分の対象になります。
そのためアコム・プロミス・モビットなどの大手消費者金融からの借り入れ申込は一切できなくなっています。
万が一貸付を受けても、行政処分を受けるのは金融会社側です。
行政処分を受けてでも貸すような会社はありません。

そのため、専業主婦が借りられるのは、原則として銀行カードローンのみといえます。
(詳しく紹介しています。参考:総量規制の配偶者貸付

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事