専業主婦カードローンチョイス > カードローンの基礎知識 > カードローンの仮審査で決まること・本審査との決定的な違い

カードローンの仮審査で決まること・本審査との決定的な違い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総量規制によって、無職の主婦が消費者金融からお金を借りることは出来ませんが、総量規制対象外の銀行のカードローンでしたら専業主婦でも借りることが出来ます。
カードローンを申し込むのですから、専業主婦が借りられる金融会社のカードローンであっても審査は必ずあります。
そのうち、審査には仮審査と本審査があります。

カードローン・消費者金融の共に審査があり、仮審査と本審査の2回の審査があります。
各金融機関のカードローンの公式サイトにある『お借入れ診断』は仮審査ではありません。

審査と信用情報

借り入れ診断は利用者の氏名やメールアドレス、住所、勤務先など個人の情報を入力しなくても利用できるもので、各キャッシング会社が自社で決めた基準に満たしているかをコンピューターがデータに照らし合わせて判断するだけのもの。
それでもこの時点で否決される場合は、仮審査も本審査も通りません。
登録も必要なく無料ですので、まずは事前の参考程度に診断してをみましょう。

限度額や金利は仮審査の時点で決定される

仮審査では、インターネットの入力項目の内容を見て貸付可能かどうかを判断します。
(郵送で提出の場合は書類に書かれた内容を審査します。)
この仮審査の時点で、申込内容と個人信用調査をしています。
在籍確認も仮審査のひとつです。

カードローンに申し込み後、30分から1時間程度で仮審査の結果が届きます。
職業・勤続年数・収入(年収)など返済能力や社会的信用度を確認する属性のスコアリングは、この時点で行われており、限度額と金利が仮審査で決定されます。

仮審査はあくまでも仮だと思われがちですが、仮審査で決まった利用限度額と金利は決定事項となり、本審査で変更になることはほとんどありません。
仮審査の時点で条件の決定が行われることを知っておきましょう。

提示された条件でよければ、契約に進みます。
入力の不備などがあれば、この時点で審査落ちとなります。

本審査で確認されること

本審査では本人確認書類の提出があります。
そこで、仮審査の内容に不備があったり、虚偽が無いかをチェックするのが本審査です。
仮審査と本審査の決定的な違いは、仮審査では入力や記入している内容に沿って借入希望額が妥当であるかを確認する審査であり、本審査は、それを裏付ける書類と相違がないかを確認する事です。

本審査

この本審査であっても申込銀行の口座の情報や信用情報機関などの情報次第では、本人確認のための電話連絡がない場合もあります。
本人確認書類は運転免許証や健康保険証などが利用できます。

本審査と契約手続きは同時に行われており、個人信用情報機関から照会した個人情報と、提出した書類を照らし合わせて確認します。

  • 記入ミスや偽り・虚偽の申告がないか?
  • 他社借入件数や借入状況(延滞などの返済状況)、金融事故情報など

審査部の人間の目でのチェックとなります。

個人信用情報は仮審査の時点で照会されていますが、キャッシング会社側で仮審査の時点では契約してもらえるかどうかがわかりません。
契約する意思があると確認した後の本審査で、個人情報が改めてしっかりと確認されます。

仮審査との違い

仮審査は申し込み時に入力された情報を元に審査が行われ、本審査は本人確認書類と信用情報を元に審査が行われます。
もし本審査で問題があれば、仮審査で提示された借入額の減額や審査落ちとなります。

問題がなければ仮審査の条件が生かされ、契約となります。

仮審査に落ちても審査落ちになるの?

仮審査の時点で信用情報を照会します。
信用情報機関には『○月○日、△△銀行から照会』と記録に残ります。

審査落ちの場合、『照会数は1、契約は0』というデータになります。
審査落ちというデータは残りませんが契約しなかった理由までは掲載されないので、照会数と契約数が合わない→もしかして審査落ちかも?と判断される可能性もあります。

仮審査通過したけれど契約しなかった場合

提示された借り入れ限度額煮納得がいかない場合、契約を断ることができます。
その場合も審査落ちと同様に『照会数は1、契約は0』になるので、照会数と契約数が合わないことになります。

もちろん契約するかどうかは申込者の自由ですが、契約しない場合に自分の個人情報が信用機関にどの様に記載されるのかも知っておきましょう。

まずは1社に申込む

複数の銀行カードローンに申込み、仮審査で借入限度額が最も高い銀行に申込みたいという方もいますが、要注意です。
各社で多少の違いはありえますが、融資限度額が何十万円も差があるとは考えにくいもの。
見積もりを取り寄せる感覚での、申し込みは避けて下さい。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事