専業主婦カードローンチョイス > カードローンの基礎知識 > カードローンの在籍確認→専業主婦の場合はどうなるの?

カードローンの在籍確認→専業主婦の場合はどうなるの?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦の在籍確認は不要です

カードローンの審査には、在籍確認という審査が行われます。
在籍確認とは、消費者金融の担当者が個人名で本人が仕事をしているかの確認をすることです。
職場に電話連絡で、勤務先名は名乗らず「私○○(担当者名のみ)と申しますが、そちらでお勤めの○○さんお願いします」このような確認連絡をします。

専業主婦の在籍確認って?

申込者が専業主婦の場合、在籍確認はどのように対応されるのか心配に感じるポイントだと思いますが、旦那(配偶者)の勤務先に連絡するということはなく、在籍確認は不要ということになります。

専業主婦の在籍確認

専業主婦でも借りれるローンは総量規制の対象外の銀行のカードローンなど旦那さんの安定した収入が条件になってる所が一般的です。
専業主婦が銀行のカードローンに申込みする場合、本人宛の電話連絡が在籍確認の代わりになると考えれば分かりやすいでしょう。
自宅へ本人確認の電話が入ると困るという人は、申込書に記入する連絡先として携帯電話やスマートフォンの電話番号を記載しておきます。

ただ属性審査では利用者が固定電話を持っているほうがよりポイントが高いとされるため、自宅の固定電話と携帯番号の両方を記入しましょう。
さらに担当者に夫や家族にバレたくないことを伝えて、間違いなく携帯に電話をもらえるようにしておけば安心です。
審査の時に旦那さんの会社へ在籍確認をされないからと言って申し込み時に年収などを多めに書くなどの虚偽を書いてしまうと信用度が低くなってしまって審査が通らなくなってしまいます。

審査を通りたいのであれば申し込み書には正確な情報(書き間違いであっても虚偽扱いになってしまう)を書くこと希望の借入額などは少額で申請するなどしてください。

虚偽の申告は絶対にNG

本当はパートで仕事をしているけど、電話がかかってくるのは困るといった気持ちから、審査申込に虚偽(嘘)の申込書類を書いてしまうと、虚偽申告が判明したときに契約違反として全額一括返済を指示される、法的処分にあたるなど話が大きくなってしまう可能性も考えられます。
配偶者の勤務先に在籍確認の電話をすることもないので、申込時に配偶者の勤務先などの入力が必要な場合も正直に入力する必要があります。

消費者金融での申し込みの場合はどうでしょうか?

専業主婦が消費者金融に申し込む場合、貸金業法という法律を基に審査が行われます。
貸金業法に基づく場合、専業主婦がプロミスやアイフルやモビットなどの消費者金融で申し込みをすると、夫の同意を得て同意書に署名をもらい提出しないといけません。
利用を内緒にしたい人が多い場合は、このような方法だと条件に合わず借り入れを断念するというケースも少なくありません。

専業主婦は銀行カードローン

金利も消費者金融より低く、インターネットからの申し込みが可能な三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、みずほカードローンは人気が高いです。
ネット環境がない場合には、例えば三菱東京UFJ銀行なら設置のテレビ窓口からでも申し込み可能です。

家族に利用内緒、総量規制にも抵触することなく、専業主婦でも可能なキャッシングが銀行には用意されています。
銀行口座を事前に開設する必要がある銀行もありますが、主人に利用内緒でお金を融資してくれるなら悪い話ではないと思います。

限度額は30万~50万まで

専業主婦は収入証明や会社への在籍確認が不要、かつ保証人不要で申し込み可能ですが、利用限度額は30万~50万までとされているケースが多いです。

パート勤務をしている場合は在籍確認が必要

主婦でも、専業主婦とパート収入がある主婦では全く審査内容が異なります。
パート・アルバイトなどの本人の収入があることで、消費者金融での契約も可能になりますし、パート先に在籍確認の連絡が入るようになります。
派遣会社に登録して派遣されている場合は派遣元ではなく、派遣先に確認の電話が入ります。
この場合には、配偶者の収入や仕事の状況を申告することはなくなりますが、パート先へ電話連絡がはいりますので注意が必要です。

まとめ

専業主婦の契約は銀行カードローンが適しています。
申込者が契約者本人である確認(本人確認)の電話がある場合もありますが、勤務先はないため在籍確認の電話はありません。
専業主婦の銀行カードローンでは、旦那の在籍確認のために旦那の職場に確認の電話もありません。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事