専業主婦カードローンチョイス > カードローンの豆知識 > 専業主婦でも借りたい!審査甘いカードローンはどこ?

専業主婦でも借りたい!審査甘いカードローンはどこ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦の借入に障害になることはなに?

カードローンの利用条件は、安定収入がある、つまり返済能力があることです。
無職の場合は基本的には申込する事ができません。
しかし、専業主婦であるなら借りれるカードローンがあります。

利用者である専業主婦の借入を左右するのは安定収入の有無や審査基準ではありません。
総量規制の対象か対象外かという点です。
(総量規制とは、消費者金融が遵守する貸金業法で定められた年収の3分の1以上の借入ができないという制度)

審査基準は非公開

審査基準を比較してカードローンを選ぶことはできません。
お金を借りたいけど専業主婦であることで審査の甘いカードローンを探しているなら、それは見つけることができません。
審査基準の情報は一般利用者には公開されていないからです。
そのため、もし審査に通過できなかった場合もカードローン会社では審査落ちの理由は教えてくれません。
審査非公開

審査の甘いカードローンを探す必要はない!

審査基準は公開されておらず、比べることはできないため、審査の甘いカードローンはないと言えます。
融資OKのカードローンでも、専業主婦だから審査を厳しくするといったことはありません。

審査の甘いカードローンを探すのではなく、専業主婦でも借りられるカードローンを選ぶには別のポイントがあります。

申し込み可能なカードローンを探そう

専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローン以外にも、消費者金融や信販会社でも借入は可能です。
総量規制で制限されていても配偶者貸付制度を利用する方法があります。
しかし、配偶者貸付の申し込みを行っている金融機関や貸金業者と、行っていないところがあります。

配偶者貸付はどこでも取り扱っているローンではないため、借りやすいとは言えません。
夫の同意書も必要なため、家族に秘密で借りい人には簡単に借り入れできる方法とは言えないでしょう。
(詳しくはカードローンの種類→専業主婦が借りられるのはどれ?で解説しています。)

そのカードローン、自分にあってる?専業主婦でも借りやすいカードローンを探そう

審査の甘いカードローンはありませんが、自分にあった借りやすいカードローンを探すことが重要です。
借りやすいカードローンとは審査に通りやすいカードローンではなく、利用しやすいカードローンといえます。
近所に手数料無料で利用できる提携ATMがある、口座があるのでweb完結で契約できて借入もネットバンキングが利用できるなど借り入れに便利なポイントを比較します。
借りやすいカードローンを探す方法のひとつとして新興系の銀行カードローンに目を向けてみましょう。
既存の地銀やメガバンクのカードローンも貸金業法改正による総量規制の施行から、貸付残高を増やしていますが新興の銀行にも、カードローン商品がありその融資金額・貸付残高が増加傾向にあります。
そのなかにも専業主婦が借りられるカードローンを取り扱っているところもあります。

新興銀行のカードローンでは他のカードローンと差別化するために商品ポイントをより特徴的にしているものもあります。
例えば低金利を一番のポイントとしているカードローンでは最高金利でも13.8%で借りられるところも。
またこれだけ金利が低いので、他のカードローンの借換えで利用できる可能性もあります。
新興銀行だからこそ、メガバンクや地方銀行に引けをとらないように低金利や利用可能なATMの充実などのサービスが受けられるようになってきており、融資スピードや借入限度額などもメガバンクに劣らない商品に設定されています

まとめ

専業主婦でも借りれるカードローンを探す時は審査の甘いカードローンを探すのではなく、専業主婦でも借入可能な金融会社の種類を理解して、銀行のカードローンを選ぶことが必要です。
そして、家計破綻に陥らないよう無理のない返済金額、返済方法をしっかりシミュレーションしてから、
申込または契約をしていきましょう。

専業主婦でも借りられるキャッシングカードローン

関連記事